使用上の悩み

寝具の色移りには要注意?

投稿日:


 

ヘアカラートリートメントの白髪染めに関しては、髪に優しい反面、色移りがしやすいというデメリットがあるみたい。

使っているヘアカラートリートメントのメーカーや、色が移りやすくなってしまう季節などもあるんですよ。

タオルならまだ我慢できたけど、お気に入りの洋服に付いてしまった・・なんて事にならないよう、やはり注意が必要になります。

 

やっぱり色移りしちゃう?ヘアカラートリートメント

カラフルなタオル

確かにヘアカラートリートメントの白髪染めは、ヘアマニキュア的なものです。「色素を髪の毛の表面にコーティングしている」というのが分かりやすいのではないでしょうか。

なので、完璧に色移りしないものを探すのは難しいでしょう。

でも、使い方次第ではとっても便利なので、上手く付き合って行く方向を考えるのが得策でしょう。

私の場合ですが、このような対策をしています。参考になるようでしたら、取り入れてみて下さい。

効果的な色落ち対策3つとは

  • 枕やバスタオルは、濃い色のものに変えてみました。
  • すすぎはしっかりと行うようにしています
  • お風呂を出たあとは、きちんと乾かすようにしています。

対策としてはとても単純なものですね。薄いものを使うと目立ってしまいますし、何より落とすのが大変になります。初めから濃いものを選んでみれば、意外と気にならなくなるはずです。色がついていても、天然成分なので無害だから安心です。

すすぎに関しても、色が出なくても気持ち長めにするように意識していますね。

乾かし方も、特に変わった方法はしていません。ただ、オイルなどは寝る前に塗ることはやめました。色移りのきっかけをふやしてしまうので、朝に使うようにしていますよ。

白髪染め専用のタオルをあらかじめ用意しているかたも、口コミでいらっしゃいました。ヘアカラートリートメントを使う場合、やはり色落ちは上手に向き合うというのが正解なのではないでしょうか。

夏場は特に注意して

夏のワンピース女性

夏場になると薄い色の洋服がメインになりますよね。しかも白い服の出番も増えていきます。

ヘアカラートリートメントは色移りしやすいってわかっているのに、色がついちゃった!なんてトラブルは避けたいからですね~。細心の注意が必要になります。

特に意識してほしいのが、「汗」になります。頭皮の汗が垂れてきてシャツの襟を汚してしまった!とかロングの髪の毛で背中付近にいつの間にか色移りが・・なんてことがあるようです。

できるだけ汗がふれないようにするのが重要なんですね。出来れば、着る服の色選びなどにも注意を向けてくださいね。

 

-使用上の悩み
-, ,

Copyright© ヘアカラートリートメントランキング 購入するなら外せないオススメ3選 , 2018 AllRights Reserved.